社会不安障害

社会不安障害(SAD)

対人恐怖が強く、思ったように話せなくなる「社会不安障害」について

社会不安障害は、「人前で赤面する、声が出にくい」「人前でどのように振舞えばよいかわからず戸惑う」「人の視線が気になる」など人と関わりをもつ場面や、人から注目されるような場面で、自分が恥をかいたり恥ずかしい思いをするのではないかと不安になったり、緊張感や動悸、声のつまり、ふるえ、発汗などの体の症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたすようになります。社交不安障害と呼ばれたり、SADと略されたりすることがあります。

恥ずかしいと思う場面でも、普通は徐々に慣れ平常心になりますが、社交不安障害(SAD)の方は、恥ずかしいと感じる場面で常に不安感を覚え、そうした場面に遭遇することへの恐怖心を抱えています。


社会不安障害の治療について

思春期前から成人早期にかけて発症することが多く、次第に慢性的になり、人前に出ることを恐れるようになります。また、うつなどの精神疾患につながっていくこともあります。

対人恐怖症と類似の症状で、人とどのように付き合えばよいかわからないという漠然とした緊張と戸惑いを抱く場合もあります。

薬によって、症状の軽減をはかることができます。以前の人前で困った状況のようにまたなるのではないかという不安や恐怖のために、緊張が高まり、症状が起こりやすくなるので、症状がある程度改善したら、状況や不安について吟味して、対応を考えていきます。


四谷こころのクリニック医院概要

四谷こころのクリニック

〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8-14 四谷一丁目ビル10F
TEL:03-6457-4790

・JR 中央線「四ツ谷駅」より徒歩2分
・地下鉄丸ノ内線「 四ツ谷駅」より徒歩2分
・地下鉄南北線 「 四ツ谷駅」より徒歩30秒

診療時間

  午前 午後
10:00~13:00 14:00~17:30
10:00~13:00 14:30~19:00
10:00~13:00 16:00~20:00
10:00~13:00 15:00~20:00
10:00~12:00 14:30~18:00

休診日:火曜、日・祝日

JR四ツ谷駅を出たら左手にお進みください。
正面のタクシーロータリーの左手の坂を登ると、四谷見附の交差点にでます。
信号を新宿側(ケンタッキー側)に渡り新宿方面に進むと、右手に「文具の仲芳堂さん」が見えます。そのまま進むと、1階に吉野家さんと、不動産屋さんがあるビルの10階が「四谷こころのクリニック」です。




ページのトップへ